見て来た!乗って来た!体感レポート

現在建設中の新函館(仮称)駅と、函館総合車両基地の見学会を行いました。
どこまでできているの?どんなところを作っているの?などをご紹介します!
そして北海道と東北エリアを日帰り旅行ができてしまうほど、早いスピードでつなぐ新幹線とはどんな乗り物なのかを
東北エリアの観光情報を含めてご紹介します。

REPORT

タツ さん

Reporter

想像を超えるスケール!!
北海道新幹線 工事現場見学会に参加して

タツ さん
北海道札幌市・男性・40代

2013年11月20日(水)に北海道新幹線工事現場見学会に参加してきました。
見学したのはまだ駅名が正式には決まっていない新函館(仮称)駅の建設現場とその連接地に建設中の函館総合車両基地。
思ってた以上に工事は進んでいて、新駅も総合車両基地も、その全体像がわかります。

印象的だったのはこの新函館(仮称)駅の建設現場から見える函館山。
私たちは建設現場の横につくられた、広報用と思われるプレハブ小屋の隣につくられた櫓に登って建設現場を見学しましたが、そこから見える景色は建設中の駅舎と何件かの民家のみ。
そして地平線の向こうに函館山がぽつんと立っています。
きっと北海道新幹線でここ函館に降り立つ人にとって、この函館山の姿が第一印象として残るのだろうな~と想像してしまいました。
駅前となるであろう場所にはまだ何も建っていません。
ここもあと1、2年で様々な商業施設が建ち並ぶのでしょうか。
定点観測で年ごとに観察してみたいものです。

また、総合車両基地の建設現場では、その施設の屋上に登らせていただきましたがそこから見える新幹線の高架も迫力ある景色でした。
一面に広がる田んぼの中にゆるやかなカーブを描いて伸びる高架は新函館(仮称)駅を到着地として青森方向に伸びています。
そしてその高架は今後、札幌に向けて伸びていくのかと思うと、早くその姿が見たくてワクワクします。
今でもJRで本州とはつながっているはずなのに、新幹線でつながることへの期待感はなんなのでしょうか。
今回、現場見学会に参加させていただいて、ますますそんな感想を強めました。

あんまり明るい話題のない昨今ですが、北海道新幹線には夢があります。
可能性があります。私の住む、札幌まではまだまだ時間がかかりますが函館まではもうすぐです。
今回の見学会ではあらためて、北海道新幹線開業へカウントダウンがはじまったな、という感を強くしました。
最後に、ご案内いただいたスタッフや関係者の皆さん、ありがとうございました。

※掲載されている内容は、参加者個人の見解であり、北海道の見解ではありません。
※北海道は、掲載の内容について、また、掲載された情報に基づいて為された判断を原因として発生したいかなるトラブル・損失・損害について一切の責任を負いません。

レポート一覧へ戻る

ページ先頭へ戻る