北海道新幹線でどこ行く

開業によって期待される効果

新函館北斗駅開業後の各地への所要時間(最速)

新函館北斗駅開業後の各地への所要時間(最速)

札幌延伸後の各地への所要時間

札幌延伸後の各地への所要時間

  • ※開業後の所要時間は交通政策審議会、整備新幹線小委員会資料、平成28年4月時刻表を基に算出。
  • ※現行の所要時間は平成28年4月時刻表を基に算出。

北海道新幹線の輸送力(現行の新函館北斗駅発着の列車)

約9,500人/日(片側)

  • ※1日の運行本数13本×一編制の定員731名=9,503名
  • ※運行本数は平成27年9月16日にJR北海道が公表した本数に基づく。

他の新幹線開業地域での利用者の変化

利用者の変化 北陸新幹線(高崎~長野間)、北陸新幹線(長野~金沢間)、東北新幹線(八戸~新青森間)、九州新幹線(博多~新八代間)

※出典
  • 北陸新幹線(高崎~長野間)・・・開業前、開業直後:東日本旅客鉄道株式会社「JR東日本ニュース」、10年目:国土交通省「鉄道輸送統計年報」より作成
  • 北陸新幹線(長野~金沢間)・・・西日本旅客鉄道株式会社「ニュースリリース」より作成(※利用者数は、上越妙高〜糸魚川間の数値)
  • 東北新幹線(八戸~新青森間)・・・東日本旅客鉄道株式会社「ニュースリリース」より作成
  • 九州新幹線(博多~新八代間)・・・九州旅客鉄道株式会社「ニュースリリース」より作成(※利用者数は、博多〜熊本間の数値)
提供
鉄道・運輸機構

札幌延伸の経済波及効果

建設投資効果、開業による経済波及効果[開業初年度の経済波及効果]、税収効果

  • ※「北海道新幹線札幌延伸による経済波及効果」(H25.3)に基づく道推計
  • ※端数処理(四捨五入)の関係で合計は一致しない