北海道新幹線でどこ行く

北海道新幹線 概要

概要図

北海道新幹線 概要図北海道新幹線は、東北新幹線の新青森駅を起点として、青函トンネルを通過し、札幌市に至る延長約360kmの新幹線鉄道で、関東・東北圏などと直結する北海道の大動脈として地域発展に大きく寄与する路線です。このうち平成28年3月26日に開業した新青森・新函館北斗間は、新青森駅を起点として、奥津軽いまべつ駅、木古内駅を経て、新函館北斗駅に至る約149kmの路線です。

経緯等

  • 昭和63年3月
    津軽海峡線 開業
  • 平成17年4月
    新青森・新函館(仮称)間 着手
  • 平成24年6月
    新函館(仮称)・札幌間工事 着手
  • 平成28年3月
    新青森・新函館北斗間 開業

区間データ

新青森~新函館北斗間・新函館北斗~札幌間 区間データ

  • 区間別の構造物の種類と延長
  • トンネル表面断面図・高架橋標準断面図

使用車両(新函館北斗駅発着の列車)

  • H5系
  • はやぶさ、はやて(E5、H5系)の編成・定員・最高速度

北海道新幹線において使用する新幹線用車両は、営業主体のJR北海道が、JR東日本の協力により、同社のE5系をベースとしたH5系を製作しました。H5系は東北新幹線への直通運転を考慮し、10両編成の車両構成や各種設備、さらには320km/hで走行する性能などの基本仕様は、JR東日本のE5系と同じです。

運行概要

所要時間(最速)・運行本数(13往復)・東京~新函館北斗間の運行体系・

新青森・新函館北斗間の駅舎

建築 ~ 地域の特色を取り入れた快適で安全な駅 ~

  • 新函館北斗駅 自然とともに呼吸(いき)するモダンで温かみのある駅
  • 木古内駅 波と森のプロムナード~北の交流発進地~
  • 奥津軽いまべつ駅 本州最北の地から北んも大地へ~津軽海峡の四季が感じられる駅~
  • ◯ ユニバーサルデザイン

    ユニバーサルデザイン

    性別や年齢を問わずあらゆるお客様に利用しやすい多目的トイレをはじめ、授乳や着替えができるベビー休憩室、視認性がよいコンコース空間、わかりやすい案内サインなど、たくさんの工夫が詰め込まれています。

  • ◯ 寒冷地における環境デザイン

    寒冷地における環境デザイン

    雪が多く寒さの厳しい北の地であることから、エントランスからホームへ続く通路・階段やエスカレーター等に風除室を設けたり、雪庇防止型の屋根とするなど、快適で安全な環境デザインになっています。

  • ◯ 地元参加の取り組み

    地元参加の取り組み

    奥津軽いまべつ駅では、今別小学校の全児童に「新幹線や町の未来への思い」を一人一枚ずつ、タイルの裏面へ描いていただきました。タイルを実際にコンコースの床に使用することで、児童たちの思いの詰まった駅舎になりました。

  • ◯ 地元産木材の活用

    地元産木材の活用

    駅の内装材に地元産木材を使用することで、親しみやすく温かみのある空間をデザインすると共に、木材産業の活性化にも役立っています。

  • ◯ 同一平面乗り換え

    同一平面乗り換え

    新函館北斗駅は在来線から垂直移動をせずに同一平面で新幹線に乗り換えることができる日本で唯一の駅です。函館駅と新函館北斗駅を結ぶアクセス列車「はこだてライナー」からの乗り換えでは、ホーム階の乗り換え改札を通り、新幹線に乗り換えます。

青函トンネル

  • 青函トンネル平面図・立体略図
  • 海底部標準断面
  • 防災設備

青函トンネルの概要

青函トンネルは、今別町浜名から知内町湯の里に至る53km850mの長大海底トンネルです。海底部トンネルは、先進導坑、作業坑、本坑の3本のトンネルで構成し、先進ボーリング、止水注入、吹付コンクリートなどの技術開発によって、軟弱・不良地質帯・異常出水を克服しながら掘削を進めました。新幹線開業後は新幹線と貨物列車が共用走行しています。

青函トンネルの防災設備

青函トンネル内で列車火災が発生した場合、やむを得ずトンネル内で停車させる場所として、竜飛・吉岡海底部に定点を設けています。青函トンネルを3分割しこの分岐点(定点)に地上と同程度の避難環境を有する火災対策設備を施す考え方に基づき、乗客の降車、避難誘導を行うための換気、排煙、消火、情報連絡、照明設備などを設置しています。

提供
鉄道・運輸機構

函館新幹線総合車両所

概要

函館新幹線総合車両所は、新青森起点146km820m付近の北海道七飯町に位置し、仕業検査・交番検査の検修設備および台車検査・全般検査の工場機能を有する総合車両基地です。総合車両基地は、仕業検査、交番検査、台車検査、全般検査等の検査を行う施設であり、この函館新幹線総合車両所が、博多総合車両所、新幹線総合車両センター(仙台)、熊本総合車両所、白山総合車両所に次ぐ、全国で5つ目の総合車両基地となります。新函館北斗駅から木古内方面への新幹線高架橋とJR函館本線にはさまれた場所に位置し、全体で約31万㎡(札幌ドーム5.6個分)もの広さをもっています。

  • 基地緒元、函館新幹線総合車両所(配線r宅図)
  • 線路各設備

各種検査と検査周期

  1. (1)仕業検査(仕業交番検査庫)

    (2日に1度行う)仕業検査線において、消耗品の取替え、パンタグラフ、台車、走り装置、ブレーキ装置、室内装置等の状態、作用機能について外部から検査を行います。

    函館新幹線総合車両所
  2. (2)交番検査(仕業交番検査庫)

    (走行3万kmまたは30日以内に行う)交番検査線において、各機器のカバーを外し、内部の状態、機能確認を行います。仕業検査に比べ精密検査となり検査項目も多くなるため、専用線にて行います。

    仕業交番検査庫
  3. (3)台車検査(台車検修場)

    (走行60万kmまたは18か月以内に行う)モーターや駆動装置、ブレーキなど、走行に必要な台車等の主要部分を取外し、又は解体のうえ細部について検査を行います。

    着発収容庫
  4. (4)全般検査(全般検査庫、車体検修場、車体塗装場)

    (走行120万kmまたは36か月以内に行う)最も大掛かりな検査で、車両の主要部分を取外し又は解体のうえ細部について全般にわたり修繕、取替えを行い、新車状態にします。

    着発収容庫
  5. (5)臨時検査・修繕(臨修・転削庫)

    車両の故障状況に応じて、台車や床下機器、屋根上機器等の交換や修繕を行います。また、車輪の摩耗状況により在姿で車輪削正を行います。

北海道新幹線の雪害対策

線路の雪害対策、ポイント部の雪害対策

新青森・新函館北斗間の開業効果

平成28年4月から平成29年3月までの利用実績、道南の主な観光施設入込み状況(H28.4~H29.3月累計)、平成28年度観光入込客数

新青森・新函館北斗開業までのあゆみ

  • 昭和29.9.26
    青函連絡船洞爺丸事故(青函トンネル建設案が浮上)
  • 39.5.8
    青函トンネル(北海道側吉岡斜坑着工)
  • 39.10.1
    東海道新幹線(東京・新大阪)開業
  • 44.12.9
    北海道新幹線建設促進期成会設立(会長 北海道知事 町村金五)
  • 45.5.18
    全国新幹線鉄道整備法公布
  • 47.3.15
    山陽新幹線(新大阪・岡山)開業
  • 47.6.29
    基本計画(青森市~旭川市)決定(主な経過地 函館市付近、札幌市)
  • 48.11.13
    整備計画(青森市~札幌市)決定(主な経過地 函館市付近、小樽市付近)
  • 48.11.15
    基本計画(長万部町~札幌市)決定(主な経過地 室蘭市付近)
  • 50.3.10
    山陽新幹線(岡山・博多)開業
  • 53.2.15
    北海道新幹線建設促進道南地方期成会設立 東北新幹線(大宮・盛岡)開業
  • 57.6.23
    臨調第3次答申を受けて閣議決定(整備新幹線の当面見合わせ)
  • 57.9.24
    上越新幹線(大宮・新潟)開業
  • 57.11.15
    東北新幹線(上野・大宮)開業
  • 60.3.14
    整備新幹線の着工凍結解除を閣議決定
  • 62.1.30
    国鉄改革実施(JR旅客鉄道、JR貨物鉄道発足)
  • 62.4.1
    第四次全国総合開発計画を閣議決定
  • 62.6.30
    「整備計画5線については、国鉄改革の趣旨をも考慮して、逐次建設に着手する」
  • 63.3.13
    青函トンネル(海峡線)開業
  • 平成 2.12.24
    整備新幹線着工等についての政府・与党申合せ
    ・北海道新幹線等のため、整備新幹線建設推進準備事業費として、日本鉄道建設公団に予算計上。
  • 3.6.20
    東北新幹線(東京・上野)開業
  • 4.7.1
    山形新幹線(福島・山形)開業(ミニ)
  • 6.2.8
    整備新幹線の見直しについて(大蔵、運輸、自治3大臣申合せ)
    ・整備新幹線については、従来の整備計画(北海道新幹線(青森・札幌間)等)はすべて維持されることを確認する。
    ・ルート未公開区間(北海道新幹線等)については、地元調整が整うことを前提にルート公表を行うための調査を促進し、環境影響評価を推進する予算を計上。
  • 6.12.19
    整備新幹線の見直しについて(関係大臣申合せ) ・従来の整備計画(北海道新幹線(青森・札幌間)等)はすべて維持されることを確認する。 ・北海道新幹線について、ルート公表のための調査を進め、その調査の完了次第、ルートを公表し、環境影響評価を行う。
  • 7.1.11
    運輸省が北海道新幹線のルート公表のための調査開始指示
  • 7.1.20
    ルート公表のための調査開始
  • 8.12.25
    整備新幹線の取扱いについて(政府・与党合意)
    ・政府・与党からなる検討委員会において、所要の要件を総合的に勘案して優先順位を決定し、その順位に従い着工するとともに事業費の配分を行う。□北海道新幹線
    新青森・札幌...駅・ルート公表、環境影響評価
    新青森・新函館...工事実施計画認可申請、町境トンネル難工事推進事業、新函館駅駅部調査
  • 9.3.22
    秋田新幹線(盛岡・秋田)開業(ミニ)
  • 9.5.30
    全幹法施行令改正(建設費負担:国2/3、地方1/3)
  • 9.10.1
    北陸新幹線(高崎・長野)開業
  • 10.1.21
    政府・与党整備新幹線検討委員会における検討結果□北海道新幹線(新青森・札幌間)------駅・ルート公表を速やかに行い、引き続き、環境影響評価に着手するとともに、新函館駅における駅部調査を開始する。
  • 10.2.3
    環境影響評価のための北海道新幹線(新青森~札幌間)の駅・ルート公表。□駅 ...奥津軽(仮称)、木古内、新函館(仮称)、新八雲(仮称)長万部、倶知安、新小樽(仮称)、札幌
    □ルート...北回りルート
  • 10.5.21
    新函館駅部構想調査開始
  • 10.10.8
    環境影響評価開始
  • 11.9.9
    整備新幹線の取扱いについて(自自整備新幹線建設促進協議会)□北海道新幹線...新青森・札幌間について実施中の環境影響評価の結果を見て、本州との交通の在り方や道内交通体系全般との関係も考慮して検討する。
  • 11.12.4
    山形新幹線(山形・新庄)開業(ミニ)
  • 11.12.16
    整備新幹線の取扱いについて(自自公整備新幹線建設促進協議会)□北海道新幹線...新青森・札幌間について実施中の環境影響評価のうえ、着工する。
  • 11.12.21
    四者合意(内閣官房長官、運輸大臣、大蔵省主計局長、自民党政調会長)
    ・平成12年度予算成立後、政府・与党からなる検討委員会において、12年度以降の財源を確保するとともに新しい区間の着工について検討し、その基本条件を確認の上、認可する。
  • 12.12.18
    整備新幹線の取扱いについて(政府・与党申合せ)
    ・今回着工を行わない区間については、社会経済情勢、国・地方公共団体の財政事情等に照らし、東北新幹線盛岡・八戸間及び九州新幹線新八代・西鹿児島間の両区間の完成後に見直す。□北海道新幹線 新青森-札幌間...環境影響評価終了後工事実施計画の認可申請を行う 新青森-新函館間...青函トンネルについて、貨物鉄道走行に関する調査を行う
  • 14.1.8
    工事実施計画認可申請(日本鉄道建設公団総裁→国土交通大臣)
  • 14.1.16
    環境影響評価終了
  • 14.2.23
    北海道新幹線「工事実施計画認可申請」記念決起集会(札幌グランドホテル)
  • 14.12.1
    東北新幹線(盛岡・八戸)開業
  • 14.12.1
    第3セクター「青い森鉄道」、「IGRいわて銀河鉄道」開業
  • 15.2.15
    北海道新幹線建設促進フォーラム(札幌パークホテル):野沢自民特別委員長
  • 15.8.1
    「北海道新幹線の建設促進を求める意見書」道議会可決[市町村議会議決211市町村]
  • 16.3.13
    九州新幹線(新八代・鹿児島中央)開業
    第3セクター「肥薩おれんじ鉄道」開業
  • 16.4.3
    北海道新幹線フォーラム(札幌パークホテル):小里自民特別委員長
  • 16.6.11
    北海道新幹線建設促進講演会(ロイトン札幌):久間PT座長
  • 16.12.16
    整備新幹線の取扱いについて【政府・与党申合せ】
    ・北海道新幹線 新青森-新函館間 所要の認可等の手続きを経て平成17年度初に着工し、平成27年度末の完成を目指すこととし、できる限り早期の完成に努める。
    ・北海道新幹線(新青森~新函館)などが整備されることに伴い生じる根元受益に関するJRの負担額については、これらの区間の開業時に精査する。
  • 17.4.8
    北海道新幹線フォーラム開催
  • 17.4.20
    北海道新幹線新青森・新函館(仮称)間工事実施計画認可申請(鉄道・運輸機構→国土交通省)
  • 17.4.27
    北海道新幹線新青森・新函館(仮称)間工事実施計画(その1)認可
  • 17.5.22
    「北海道新幹線新青森・新函館間建設工事起工式」(渡島大野駅前) ・「北海道新幹線新青森・新函館間着工記念の集い」(函館国際ホテル)開催
  • 19.10.15
    道議会「北海道新幹線の建設促進を求める意見書」可決
  • 22.5.19
    新青森~新函館(仮称)間工事実施計画(その2)認可
  • 22.12.4
    東北新幹線 八戸・新青森間開業
  • 23.3.12
    九州新幹線 博多・新八代間開業
  • 23.12.26
    整備新幹線の取扱いについて(政府・与党確認事項)
    ・認可・着工に先立ち満たすべき条件が整い、かつ各線区の課題(注参照)について対応が示されていることを確認した区間から、所要の認可等の手続きを経て着工する。□新青森・新函館間...(想定完成・開業時期)平成27年度末
    □新函館・札幌間...(想定完成・開業時期)新青森・新函館間の開業から概ね20年後
    (注)青函共用走行区間の最高速度は当面140km/hとし、北海道内における最高設計速度は260km/hとする。
  • 25.4.20
    函館線(五稜郭・渡島大野間)電化工事起工式
  • 25.5.29
    木古内駅舎安全祈願・立柱式
  • 25.6.4
    奥津軽(仮称)駅舎安全祈願・立柱式
  • 25.6.15
    新函館(仮称)駅舎安全祈願・立柱式
  • 26.4.16
    北海道新幹線用車両H5系公表
  • 26.6.11
    新青森~新函館北斗間駅名発表(奥津軽いまべつ、木古内、新函館北斗)
  • 26.9.10
    JR北海道から「北海道新幹線の開業準備に関する今後の取り組みについて」発表
  • 26.10.13
    車両陸揚げ
  • 26.10.14
    車両陸送
  • 26.11.1
    レール締結式
  • 26.11.20
    北海道新幹線列車名決定○東京・仙台~新函館北斗間を直通運転する列車...「はやぶさ」
    ○盛岡~新函館北斗間を直通運転する列車及び新青森~新函館北斗間を運転する列車...「はやて」
    北海道新幹線車両H5系のシンボルマーク決定
  • 26.11.20
    「函館~新函館北斗」アクセス列車用車両の発表
  • 26.12.1
    走行試験開始
  • 26.12.7
    青函トンネルでの走行試験開始
  • 27.1.14
    整備新幹線の取扱いについて(政府・与党申合せ)□新青森・新函館北斗間...平成27年度末に完成・開業する。
    □新函館北斗・札幌間...完成・開業時期を平成47年度から5年前倒しし、平成42年度末の完成・開業を目指す。
  • 27.2.12
    新函館北斗~函館間アクセス列車の愛称「はこだてライナー」の決定
  • 27.3.14
    北陸新幹線 長野・金沢間開業
  • 27.7.21
    奥津軽いまべつ駅舎建築工事しゅん功
  • 27.7.24
    木古内駅舎建築工事しゅん功
  • 27.8.22
    JR北海道による訓練運転開始
  • 27.9.3
    新函館北斗駅舎建築工事しゅん功
  • 27.9.16
    JR北海道及びJR東日本から新青森~新函館北斗間の運行計画の概要が発表
    ・開業日 平成28年3月26日(土)
    ・運転本数 13往復はやぶさ (東京~新函館北斗間直通列車) 10往復
    はやぶさ (仙台~新函館北斗間直通列車) 1往復
    はやて (盛岡~新函館北斗間直通列車) 1往復
    はやて (新青森~新函館北斗間運転列車) 1往復
    ・編成 H5系・E5系 10両編成
  • 27.12.3
    JR北海道から「東北・北海道新幹線の運転時分」発表□東京~新函館北斗間 最速達列車の運転時分 4時間02分
    □新青森~新函館北斗間 最速達列車の運転時分 1時間01分
  • 27.12.18
    JR北海道から北海道新幹線新青森~新函館北斗間開業に伴う運行ダイヤを発表
  • 28.3.26
    北海道新幹線 新青森~新函館北斗間開業
    第3セクター「道南いさりび鉄道」開業
    北海道新幹線新青森・新函館北斗間しゅん功開業式・祝賀会及び道南いさりび鉄道開業祝賀会
    「はこだてライナー」運行開始、出発式

函館新幹線総合車両所

  • 10.2.3
    環境影響評価のための北海道新幹線(新青森~札幌間)の駅・ルート公表。□駅・・・奥津軽(仮称)、木古内、新函館(仮称)、新八雲(仮称)、長万部、倶知安、新小樽(仮称)、札幌
    □ルート・・・北回りルート
  • 12.12.18
    整備新幹線の取扱いについて(政府・与党申合せ)
    ・今回着工を行わない区間については、社会経済情勢、国・地方公共団体の財政事情等に照らし、東北新幹線盛岡・八戸間及び九州新幹線新八代・西鹿児島間の両区□北海道新幹線 新青森-札幌間・・・環境影響評価終了後工事実施計画の認可申請を行う新青森-新函館間・・・青函トンネルについて、貨物鉄道走行に関する調査を行う
  • 14.1.8
    工事実施計画認可申請(日本鉄道建設公団総裁→国土交通大臣)
  • 18.5.12
    沿線自治体による合同中央要請・北海道新幹線早期実現推進議員連盟との懇談会
  • 19.8.21
    札幌延伸総決起大会、新幹線フォーラム「新幹線が連れてくる北海道バラ色時代」開催
  • 19.10.15
    道議会「北海道新幹線の建設促進を求める意見書」可決
  • 20.5.30
    署名活動開始
  • 20.7.18
    札幌圏期成会等「北海道新幹線の札幌延伸を求める総決起大会」
    「街頭行進」
  • 20.8.1
    北海道新幹線フォーラム「新幹線が運ぶ北海道新時代」開催
  • 20.10.16
    金子国土交通大臣(当時)に対して502,257人分の署名を提出
  • 20.12.4
    北海道新幹線「札幌延伸」緊急総決起大会(東京)開催
  • 20.12.16
    整備新幹線に係る政府・与党WGにおける合意事項□新規着工区間 札幌~長万部間(整備方式は要検討)・・・できる限り早急に完成することを前提に、平成21年末までに認可するための所要の検討を進め、結論を得ることとする。
    □その他の区間 新函館~長万部間・・・引き続き検討を行う。これにあわせ、新八雲駅部の設計等を行う。
  • 21.12.15
    第1回整備新幹線問題検討会議
    整備新幹線の整備に関する基本方針案及び当面の整備新幹線の整備方針案について協議
  • 21.12.24
    第2回整備新幹線問題検討会議
    「整備新幹線の整備に関する基本方針」、「当面の整備新幹線の整備方針」を決定。
  • 22.5.1
    署名活動開始
  • 22.5.28
    北海道新幹線「札幌延伸」を求める緊急総決起大会(東京)・要望活動実施
  • 22.8.3
    「札幌延伸」を求める署名式開催
  • 22.8.4
    道新フォーラム「北海道新幹線を考える-札幌延伸への期待と課題」共催
  • 22.8.27
    第3回整備新幹線問題検討会議
  • 22.11.11
    北海道新幹線「札幌延伸」を求める緊急総決起大会(札幌)開催
  • 23.2.1
    大畠国土交通大臣(当時)に対して、615,676人分の署名を提出
  • 23.6.6
    平成23年度総会・札幌延伸実現緊急総決起大会開催
  • 23.5.31
    衆議院「日本国有鉄道清算事業団の債務等の処理に関する法律等の一部を改正する法律案に対する附帯決議」可決
  • 23.12.26
    整備新幹線の取扱いについて(政府・与党確認事項)
    ・認可・着工に先立ち満たすべき条件が整い、かつ各線区の課題(注参照)について対応が示されていることを確認した区間から、所要の認可等の手続きを経て着工する。□新青森・新函館間・・・(想定完成・開業時期)平成27年度末
    □新函館・札幌間・・・(想定完成・開業時期)新青森・新函館間の開業から概ね20年後
    (注)青函共用走行区間の最高速度は当面140km/hとし、北海道内における最高設計速度は260km/hとする。
  • 24.1.27
    国土交通省整備新幹線小委員会を設置し、第1回会合開催
    (以降、平成24年3月21日までに計9回開催)
  • 24.4.3
    整備新幹線小委員会
    整備新幹線未着工区間の「収支採算性及び投資効果に関する確認」に関するとりまとめ公表
    整備新幹線問題調整会議
    整備新幹線小委員会からの報告を受け、収支採算性と投資効果について改めて確認。
    今後の手続きの流れについても説明。
  • 24.4.4
    整備新幹線問題検討会議
    前田国土交通大臣(当時)のコメントが発表される。
    着工5条件のうち3条件(安定的な財源、投資効果、収支採算性)を確認し、残り2条件(JRの同意、並行在来線経営分離についての沿線自治体の同意)の手続きに入る。
  • 24.4.27
    JR北海道が並行在来線函館線(函館・小樽間)の経営分離を前提として、北海道新幹線(新函館・札幌間)の建設着工に同意
  • 24.5.22
    並行在来線の経営分離について道内の沿線自治体が同意
  • 24.6.29
    「新函館(仮称)~札幌」間工事実施計画(その1)認可
  • 24.7.2
    祝札幌延伸認可決定横断幕除幕式(札幌市)
    札幌延伸認可決定記念セレモニー(札幌市)
  • 24.7.30
    「札幌延伸を祝う道民の集い」(札幌市)
  • 24.8.25
    北海道新幹線新函館(仮称)・札幌間建設工事起工式(長万部町)
    北海道新幹線新函館(仮称)・札幌間建設工事着工祝賀会(長万部町)
  • 26.8.29
    整備新幹線の取扱いについて(政府・与党申合せ)
    2.整備新幹線に関し、新規着工区間の開業時期の前倒しについて、財源上の課題、技術上の課題等の検討を行うため、政府与党からなるワーキンググループを設置することとし、与党整備新幹線建設推進プロジェクトチームにおける検討とともに、平成27年度予算編成過程で適切な結論を得るべく、必要な検討を行っていくこととする。
    2.1.を前提として、平成27年度の概算要求については、国土交通省は、新規着工区間の開業時期の前倒しについて事項要求を行うこととする。
  • 27.1.14
    整備新幹線の取扱いについて(政府・与党申合せ)□新青森・新函館北斗間・・・平成27年度末に完成・開業する。
    □新函館北斗・札幌間・・・・・・完成・開業時期を平成47年度から5年前倒しし、平成42年度末の完成・開業を目指す。