見て来た!乗って来た!体感レポート

現在建設中の新函館(仮称)駅と、函館総合車両基地の見学会を行いました。
どこまでできているの?どんなところを作っているの?などをご紹介します!
そして北海道と東北エリアを日帰り旅行ができてしまうほど、早いスピードでつなぐ新幹線とはどんな乗り物なのかを
東北エリアの観光情報を含めてご紹介します。

REPORT

フクロウ大好き さん

Reporter

希望が持てる北海道新幹線

フクロウ大好き さん
北海道札幌市・男性・30代

2013年11月20日(水)に北海道新幹線工事現場見学会に参加してきました。
北海道新幹線の工事現場を直接見ることは、夢であったので今回その夢が実現してとてもうれしかったです。見学した場所は、新函館(仮称)駅建設地と函館総合車両基地です。

新函館(仮称)駅建設地では、道内に3つしかない500トンクレーン車があり迫力がありました。着実に建設が進んでおり、鉄骨を組み立てて建設しており屋根の工事もしており駅路盤も顔を見せております。ピーク時には新函館(仮称)駅建設地だけで1日平均1000人以上の人々が働いておりましたが、今は1日100名以上の方々が北海道新幹線の為に働いております。駅舎がどんどん形になってきており完成がとても楽しみであります。新函館(仮称)駅建設地で印象に残ったのは、やはり、実際に見てみるとスケールが大きいなあと思いました。そして、田んぼだった土地が、最新の工事により安心安全で頼りがいのある駅舎になることは、北海道の人々にとっても間違いなく自慢できることになると実感しました。

函館総合車両基地では、総合管理棟や仕業交番検査庫などを見てきました。
こちらも着実に工事が進められており、完成が待ち遠しいです。一部レールも敷かれ始めており、建物も徐々に顔を見せております。総合車両基地は、車両を検査したり整備したり乗務員さんの交代をしたり新幹線運営には絶対に欠かせない所です。実際に見学して私の個人的な感想ですが、想像していたよりもとても広い規模に正直驚きました。多分、一人で車両基地に入って行ったら迷子になるぐらいの感覚です。雨や雪の日も一生懸命頑張ってくださる工事関係者の人々のおかげで総合車両基地が完成していくことは、とてもありがたいですし感謝の気持ちでいっぱいです。徐々に完成していっている函館総合車両基地、将来、北海道新幹線が札幌まで延伸されても、北海道の主力基地として活躍してくれます。そんな、函館総合車両基地の工事現場を見ることが出来たことは、とても運が良いことだと思いますし幸せなことだと思いました。

函館総合車両基地を含めた周辺は、地盤が悪いため、本体の建設の前に、地盤改良工事が数年かけて行われました。普通に建設するだけでも大変な工事なのに、地盤改良工事まで年数をかけて工事をした話を聞いた時には、素直に大変だなと思いました。口で大変だなあと言うのは、簡単かもしれませんが、実際に工事をしている方々にとっては、並大抵のことではないと思います。

今回、北海道新幹線工事現場見学会に参加して思ったことは、今までは、早く完成して開業してほしいとだけ思っていましたが、実際に工事現場を見て工事現場関係者の大変さや工事の大変さを見ました。だからこそ、人の気持ちや大変さをよく理解して、工事してくださりありがとうございますと感謝の気持ちを持ちながら北海道新幹線が無事に完成することを願いながら開業まで残り約2年と少し温かい気持ちで見守ることにしました。人間は、心を持てる素敵な生き物です。感謝や相手の気持を理解していくことは、とても大切なことだと思います。

今回、私の印象に残ったことは、とても大変な思いをしながら北海道のために頑張って工事をしてくださる工事関係者の人々の姿です。工事に誇りを持っており、日々一生懸命働いてくださる工事関係者の人々の姿は、とても感動しますし頭が下がります。お金を払っているから当たり前と思っては絶対にいけません。いくらお金を払っても、人材や技術のある人々が集まらなければ、北海道新幹線が完成できなく開業もできなくなってしまうのですから。

私は、新幹線を利用する人間です。しかしながら、北海道の人達は、なかなか新幹線に縁がない人達も大勢いるのも事実です。でも、やっと2016年には、北海道に新幹線が開業します。せっかく、北海道に新幹線が開業するのですから、今までに新幹線に乗ったことがない人々の方、新幹線に乗ってみることチャレンジしませんか?新幹線は、とても本当に安全な乗り物です。1964年の東海道新幹線開業から今まで死亡事故を一度もおこしておりません。しかも、飛行機と違って冬の運休もほとんどありません。そして、飛行機と違って20分前に搭乗などとならず、新幹線の場合、発車数十秒前に新幹線に乗っても良いのです。新幹線は、大量に人を運べます。しかも、クリーンでエコです。環境にも優しい乗り物なのです。

北海道新幹線に期待すること、それは、今まで以上に安心、安全で人々に優しい乗り物になってほしいことです。道民割引など、北海道や東北などの人々に優しく乗りやすくしてほしいのです。国民の人々が、北海道に新幹線が開業して良かったと思える新幹線にしてほしいです。これからは、少子高齢化の時代です。いくら安心安全な新幹線でも値段が高ければ新幹線に乗ることが出来ません。だから、安全は、維持しつつ出来るだけ安い料金で新幹線が乗れるようになることを心から願っておりますし希望致します。

※掲載されている内容は、参加者個人の見解であり、北海道の見解ではありません。
※北海道は、掲載の内容について、また、掲載された情報に基づいて為された判断を原因として発生したいかなるトラブル・損失・損害について一切の責任を負いません。

レポート一覧へ戻る

ページ先頭へ戻る